分類
数理科学
情報科学
経済・経営科学
  ■基礎数学
  ■経済分析
  ■経営科学
理工系数学の基礎・基本
数理情報科学シリーズ
経済・統計分析入門

数理科学 Mathematical Science
 
■基礎数学
きちんとわかる経済経営数学入門
=数列・微分編
鈴木麻美(法政大学教授・博士(理学))・内藤敏機(電気通信大学名誉教授・理博)著
A5判・224頁・定価(本体2200+税)/
ISBN978-434-21149-2
<主要目次>
1.数列とその和 2.一変数関数の微分法 3.多変数関数の微分法 演習問題解答 参考文献
<内容>
経済経営コース初年級向け微分法の入門テキストである。論理的厳密性よりも微分計算の意味を重視し、直感的に理解できるように配慮する。数学理論が経済学や経営学の応用問題へいかに活用されているかを具体例を用いて分り易く丁寧に示す。
 
あたらしい確率入門
羽鳥裕久(東京理科大学名誉教授・理博)著
A5判・176頁・定価(本体1800円+税)/
ISBN978-4-434-03485-5
<主要目次>
1.事象と確率 2.確率変数と分布 3.確率ベクトルと分布 4.確率変数の和などの分布 5.平均値、分散 6.母関数 7.極限定理 8.特殊な話題 年表 解答
<内容>
高校数学からさらに一歩進んだ確率論の初歩を解説した入門書である。大学で確率論を学ぶ際の読み物風教科書として、またアクチュアリー受験対策の参考書として広くお勧めする。著者の豊富な教育経験をもとに「新しい」工夫を随所に盛り込む。予備知識としては高校数学を前提とする。
 
 
経済の情報と数理2
基本確率
玉置光司(愛知大学教授・工博)著
A5判・232頁・定価(本体2600円+税)/
ISBN978-4-7952-0082-1
<主要目次>
1.確率の定義 2.組合せ解析 3.条件付確率と独立性 4.全確率の公式とベイズの公式 5.確率変数 6.連続確率変数 7.期待値 8.結合確率変数 9.条件付分布 10.確率論の極限定理 付録 参考文献 付表 演習問題解答
<内容>
近年、確率論の応用は急速な広がりを見せ、経済・経営学専攻の学生にとっても必須の知識となっている。したがって本書は、微分積分の初歩的知識のみを前提とし、数学的理論にあまり深入りしないよう配慮した入門書である。厳密な記述よりは直感に訴える記述を心がけ、多くの応用例を解くことにより、確率論的考え方に習熟できることを目的とする。興味ある具体的な例題を精選し、丁寧に解説する。
 
 
数字で立証する
―裁判と統計―
H.ザイゼル・D.H.ケイ共著/細谷雄三(東北大学名誉教授・Ph.D)訳
A5判・376頁・定価(本体2800円+税)/
ISBN978-4-434-16420-0
<主要目次>
1.原因の追究:展望 2.対象ランダム実験 3.観察研究から原因を推測する 4.疫学研究 5.まとめ:反復と多角的照合 6.偶然の結果と有意性 7.標本抽出 8.内容分析 9.サーベイ調査と裁判地変更 10.標本サーベイ:総称性 11.標本サーベイ:混同 12.陪審:構成と選任 13.DNA鑑定:確率と立証 訳者あとがき 用語解説
(Hans Zeisel & David H. Kaye:Prove It With Figures
<内容>
法律と裁判における統計学の役割を扱った名著の完訳。裁判所の判決がサーベイ調査結果にもとづく統計的証拠をどのように取り扱うかを、豊富な具体例を用いて解説する。法律実務家、法科学生、統計調査家および統計研究者にとって必読の書である。
 
 
統計学の基礎
河野光雄(中央大学名誉教授・理博)・友知政樹(沖縄国際大学教授・Ph.D)著
A5判・200頁・定価(本体1900円+税)(在庫僅少)
ISBN4-434-03916-4
<主要目次>
1.データは何を語る? 2.数学的準備 3.記述統計:1次元データ 4.記述統計:2次元データ 5.確率 6.確率変数と確率分布 7.離散確率分布 8.連続確率分布 9.母集団と標本 10.統計的推定 11.統計的検定 12.分散分析 練習問題解答 付表
<内容>
大学で初めて統計学を学ぶ学生を対象に「記述統計」「統計的推定・検定」「分散分析」にテーマを絞り、それらの基礎概念を丁寧に解説した教科書である。基礎概念の理解に必要な数学的表現をいとわず、また現実のデータに即した演習を豊富に取り上げる等、工夫を凝らす。
 
 
経済・統計分析入門2
実例とEXCELによる
統計学トレーニング
片山直也(関西大学准教授・博士(経済学))著
A5判・256頁・定価(本体2400円+税)/
ISBN978-4-434-13592-7
<主要目次>
1.データ・グラフ・EXCEL入門 2.一次元のデータ 3.二次元のデータ 4.確率 5.離散型確率分布 6.連続型確率分布 7.確率変数に関する補遺(一次元の場合) 8.確率変数に関する補遺(多次元の場合) 9.大数の法則と中心極限定理 10.点推定 11.区間推定 12.検定1 13.検定2 14.回帰分析によるモデリング 付録(A.数学の基礎的内容 B.CO2データ・主なEXCEL関数のまとめ・統計数値表) 参考文献 演習問題解答
<内容>
統計学の基本的な理論と実際の使用法を分かりやすく解説する。そのために、経済学部初年級程度の数学を用いて理論面を説明するよう配慮し、EXCELを用いたデータ処理の基本的な方法を紹介する。
 
 
Excelで学ぶ実用統計
原田康平(久留米大学教授・工博)著
B5判・208頁・定価(本体2800円+税)[CD-ROM付]/ISBN978-4-434-12275-0
<主要目次>
〈第1部〉 統計分布と統計的推定/0.はじめに 1.離散量の統計分布…2項分布 2.連続量の統計分布(1)…一様分布 3.連続量の統計分布(2)…正規分布 4.中心極限定理と区間推定 5.データ分析を試みる(1)…連続量の場合 6.データ分析を試みる(2)…離散量の場合 〈第2部〉 統計的検定/7.クロス表分析(1)…超幾何分布、フィッシャーの完全確率および χ2 検定 8.クロス表分析(2)…一般的なクロス表に対する χ2 検定 9.連続量を比較する…F 検定とt 検定 10.正規性の検証…適合度の検定 〈第3部〉 相関と回帰/11.相関分析 12.回帰分析 〈補章A〉 A1.重回帰分析について A2.時系列分析
<内容>
Excelの基本を一通り学んだ後、さらにデータ分析に興味をもった人びとを対象に基礎的な統計処理を解説した入門書である。身近なデータや具体的な事例を豊富に取り入れ、Excelの便利さを再確認しながら、統計処理が比較的簡単にできることを実感してゆく。
 
 
経済の情報と数理3
基本数理統計学
児玉正憲(九州大学名誉教授・広島修道大学名誉教授・理博)著
A5判・344頁・定価(本体3200円+税)(在庫僅少)/ISBN4-7952-0083-1
<主要目次>
1.データの整理 2.確率と確率変数 3.基本的な分布 4.多変量確率分布 5.統計量の分布 6.推定 7.検定 8.分散分析 付録(数学的補遺) 付表(統計表) 演習問題解答
<内容>
大学2〜3年生を対象に、数理統計学の基本的な考え方と手法を丁寧に解説する。予備知識としては線形代数と微分積分の初歩を前提とした。全体として、初歩的な内容を含めながら基本的なものに限定し、分かりやすく説明する方針をとっている。確率分布については、できる限り詳しく数理に重点を置いて解説するが、推定・検定・分散分析では、理論的な証明は付録にゆずり、主として例によって理論を確認する。
 
 
文科系の応用数学入門
(増補版)
小林みどり(静岡県立大学名誉教授・理博)著
A5判・160頁・定価(本体1600円+税)/
ISBN978-4-434-05918-6
<主要目次>
1.マッチング 2.割当て問題 3.順序づけ問題 4.数当てゲーム 5.一筆書き問題 6.集合場所問題 7.試合の対戦表 8.最短道路網 9.不動点定理 参考文献 演習問題の答
<内容>
文科系学生およびビジネスマンを対象に、身近な応用数学の問題、特に、経営数学やグラフ理論に関する問題を取り上げ、その数学的な考え方を複雑な計算や難しい公式は一切使わずに、分かりやすく解説した入門書である。楽しくておもしろい例題や演習問題も豊富に載っており、興味をもって読むことができる。補訂に際し、今日経済学・物理学でも広く応用されている「不動点定理」の章を追加した。
 
 
文科系の情報数学入門
角谷 敦(広島修道大学教授・理博)著
A5判・164頁・定価(本体1700円+税)/
ISBN4-7952-0119-6
<主要目次>
1.基本的な処理 2.統計処理 3.ファイルの操作 4.自然数 5.行列の計算 6.近似計算 付録(Cプログラム)
<内容>
経済・経営系学生を主対象に、コンピューターのアルゴリズムに関する基本的な内容をやさしく解説した教科書である。したがって、扱っている各テーマはあまり数理的にならないよう配慮してある。しかも、理論に深入りするよりも具体的な例題を中心とし、またそのアルゴリズムを記述する際にも、基本的な4つの記号に限定したフローチャートを用いるなど、初めて学ぶ人のための便をはかっている。
 
 
文科系の線形計画法入門
平本 巌・栗原和夫(元朝日大学教授)著
A5判・160頁・定価(本体1900円+税)(在庫僅少)
ISBN4-7952-0131-5
<主要目次>
1.入門 2.問題とLPモデル 3.パソコンによる解き方 4.生産計画問題 5.栄養問題と混合問題 6.輸送問題と割当て問題 7.その他の問題 付録(パーソナルLPライトについて) 参考書
<内容>
数学を忘れてしまった人たちにも読めることをモットーに、「線形計画モデルの作り方」と「パソコンによる解き方」を中心に解説する。単体法などの数学的展開に重点を置いた類書とは異なり、式の計算や数値計算などの数学を全く意識させない新しい試みの入門書である。
 
 
文科系のゲーム理論入門
菊田健作(兵庫県立大学教授・工博)著
A5判・184頁・定価(本体2400円+税)/
ISBN978-4-434-16497-2
<主要目次>
1.グラフ、ネットワーク、最適化問題 2.リスクのもとでの意思決定 3.不確実性のもとでの意思決定 4. 2人定和ゲーム 5.ミニマックス定理 6.多人数非定和ゲーム 7.展開型ゲーム 8.情報と戦略 9. 2人交渉ゲーム 10.協力ゲーム 11.コア 12.シャプレー値 13.協力ゲームの仁 14.マッチング(割当) 15.意思決定問題の合成 参考文献 問および練習問題の解答
<内容>
ネットワークに関連した種々の最適化問題に対してゲーム理論を用いたアプローチの方法を解説した入門書である。文科系学生を対象に数学記号や理論的証明はできる限り簡略化し、図表を多く用いるなどの工夫を凝らす。講義計画が立てやすいよう全体を15章に分けた。
 
 
あたらしいグラフ理論入門
小林みどり(静岡県立大学名誉教授・理博)著
A5判・258頁・定価(本体2600円+税)/
ISBN978-4-434-17727-9
<主要目次>
1.グラフとは 2.論理と証明 3.グラフの定義と用語 4.いろいろなグラフ 5.多重グラフと有向グラフ 6.二部グラフ 7.木 8.サイクル分解とその応用 9.点彩色とその応用 10.平面的グラフ 11.オイラーの定理と平面的グラフの彩色問題 12.地図の塗り分け問題――どんな地図も4色で塗り分けられるか 13.グラフの行列表示 14.支配グラフ 15.有向グラフの強連結分解 16.スモールワールドネットワーク 参考文献 問題解答
<内容>
理工系のみならず文科系の学生にも読んで分かることを目指した入門書である。例や応用を豊富に載せ、図版を用いて直感的に理解できるよう解説に工夫を凝らすと共に単なる定義・定理の丸暗記ではなく、考える力を養うことに重点を置いている。
 
このページのトップへ このページのトップへ
 
■経済分析
 
経済・統計分析入門1
経済モデルは何の役に立つのか
−経済経験モデルの特定化とその評価−
C.W.J.グレンジャー著/細谷雄三(東北大学名誉教授・Ph.D)訳
A5判・128頁・定価(本体1900円+税)/
ISBN978-4-434-13105-9
<主要目次>
1.経済経験モデルの特定化 2.経済経験分析モデルの評価 3.計量経済モデルと予測評価について 訳者解説 参考文献
(Clive Granger: Empirical Modeling in Economics)
<内容>
経験モデルの作成と評価の過程に関する3篇のエッセイから構成されている。経済学、ファイナンス、政治学、環境経済学のみならず、美術、文学、娯楽産業といった広範囲にわたる事例や描写を参考にして、直観と厳密性を組み合わせ、現代経済学における1つの重要な主題に対する独自な洞察を提供している。巻末に訳者による新たな解説を設け、グレンジャーの時系列計量経済学における業績を紹介するとともに、本書の議論展開の背景となる計量経済学の基本的問題点に言及する。
 
 
経済・統計分析入門3
フリーランチと金融工学
田畑吉雄(大阪大学名誉教授・工博)著
A5判・280頁・定価(本体3400円+税)/
ISBN978-4-434-13106-6
<主要目次>
1.金融・資本市場モデル 2.危険資産価格の確率モデル 3.離散市場とポートフォリオ 4.ポートフォリオ理論 5.先渡し取引と先物市場 6.オプションとその性質 7.オプション・プレミアム 8.オプションの感度分析とリスクヘッジ 9.債券と変動金利 10.金融技術が生み出した商品 参考文献 演習問題解答
<内容>
最先端の金融工学では高度な数理的手法を駆使するため、斯学参入への高い障壁となっている。そこで本書は、数学的美しさはあまり追求せず、できる限り離散モデルに限定した各種資産の性質を説明することにより、本来の連続時間モデルへの橋渡しを目指す。
 
 
経済・統計分析入門4
環境経済学の視点
時政 勗(広島修道大学名誉教授・経済博)著
A5判・240頁・定価(本体2500円+税)/
ISBN978-4-434-15560-4
<主要目次>
1.環境経済学とは 2.地球環境問題の種類 3.経済システムと環境 4.環境問題の分析の視点 5.ピグー税 6.排出権取引政策 7.排出権取引制度のその他の問題点 8.排出権取引と環境税の比較 9.環境規制実施の障害となる情報の非対称性 10.コースの定理 11.環境の価値評価 12.トラベルコスト法 13.ヘドニック価格法 14.仮想評価法 15.途上国の経済発展と環境問題 16.環境と自由貿易 参考文献
<内容>
新古典派のミクロ経済理論の観点から環境問題を見て行くことに焦点を合わせた大学学部生向け教科書である。外部不経済概念、環境マネージメントの経済的手法、環境評価の手法から貿易と環境までの代表的な議論を分かりやすく解説する。
 
このページのトップへ このページのトップへ
 
■経営科学
 
経済の情報と数理15
経営科学入門
田畑吉雄(大阪大学名誉教授・工博)著
A5判・224頁・定価(本体2900円+税)/
ISBN4-7952-0135-8
<主要目次>
1.経営科学と問題解決 2.線形計画法 3.非線形計画モデル 4.ネットワーク解析 5.動的計画法 6.意思決定の理論 7.フローの分析と管理 8.予測と時系列 9.ヒューリスティックスとエキスパートシステム 演習問題略解
<内容>
経営計画を立案する際の意思決定の背後にある理論および経営活動を管理・評価する諸手法について、最新の話題を含めながら明快に説く。既存の方法では解決不可能な問題に人間の英知が挑戦してゆく様をヴィヴィッドに描き出す。
 
 
オペレーションズ・マネージメント
―経営の科学とその応用―
上田 徹(元成蹊大学教授・工博)著
A5判・264頁・定価(本体3400円+税)/
ISBN4-434-07696-5
<主要目次>
1.線形計画法 2.最小化問題 3.マルコフモデルと待ち行列モデル 4.信頼性理論 5.ネットワーク理論 6.動的計画法 7.金融工学 8.階層化意思決定法AHP 9.コンジョイント分析 10.包絡分析法DEA 付録 参考文献 問の解答
<内容>
オペレーションズ・リサーチの基礎理論の紹介に始まり、金融工学、階層化意思決定法、コンジョイント分析、包絡分析法など、従来の教科書にない斬新な話題にも言及する。いろいろな判断や意思決定をすべき場面での有効な手法を実用に重きを置いて具体的に解説する。
 
経営システムのモデリング学習
―STELLAによるシステム思考―
森田道也(学習院大学教授)編著
A5判・232頁・定価(本体2800円+税)[CD-ROM付](在庫僅少)
ISBN4-7952-0115-3
<主要目次>
1.システムとシステム思考 2.システムダイナミックスとは 3.要素間の関わりの表現 4.ステラ(STELLA)入門 5.最適化問題とは:限界分析について 6.需用の分析 7.生産の分析 8.費用の分析 9.エンジニアリング・エコノミー 10.市場の分析:拡散現象モデルの利用 11.物の流れの分析 12.経営戦略 13.ダイナミック・システムの分析
<内容>
システムダイナミックス(SD)とパソコンという、操作が簡単なシミュレータを導入し、経営・経済システムに関わる基礎的概念を解説した教科書である。巻末に添付したSDソフトSTELLAのデモ版を用いて、画面のモデルを操作しながら具体的に学んでゆける。
 
牧野書店
〒114-0024
東京都北区西ヶ原3-60-18
<TEL>03-3949-2344
<振替>00190-0-661932
 
このページのトップへ このページのトップへ